学校法人 朴沢学園 明成高等学校

TEL 022-278-6131

グランドデザイン・沿革

g-d

明成高校は明治12年に

女性の社会的自立の促進を目的に開校されました。

 

明成高校は、1879(明治12)年に、近代女子教育のさきがけとして裁縫技術を身につけさせ、社会的自立を促すことを目的に開校しました。平成14年には、男女共学化と大幅な学科・コース改編が行われ、現在に至っています。

 

 

[戦前]

明治12年 松操私塾を、仙台市本荒町に創設。
昭和2年 宮城県が、師範科を小学校裁縫専科正教員無試験検定校として認可。
昭和12年 財団法人朴沢松操女学園を設立。文部省(当時)が高等師範科を裁縫科中等教員無試験検定校として認可。

 

[戦後]

昭和23年

学校改革に伴い、校名を朴沢女子実業学校から朴沢女子高等学校と改称し、普通高校(全日制)に改組。

昭和26年 私立学校法の制定に伴い、学校法人朴沢松操女学園を設立
昭和47年

朴沢女子高等学校に調理科を設置し、調理師養成施設として厚生省(当時)より認可を受ける。

平成4年 朴沢女子高等学校の校名を、明成高等学校に改名。
平成8年 明成高等学校の食物科(旧調理科)を、再度調理科に改称し、男女共学化。
平成10年

第48回河北文化賞  学校法人朴沢学園

「実学教育により120年にわたって人材育成、社会の発展に寄与」

平成14年 明成高等学校の普通科を男女共学化。
平成21年

第40回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会

(ウィンターカップ)男子バスケットボール部全国優勝

平成22年

全国高等学校体育大会(インターハイ)男子バスケットボール部全国準優勝

全国高等学校体育大会(インターハイ)女子バスケットボール部全国第3位

平成23年

第61回河北文化賞 学校法人朴沢学園明成高等学校調理科リエゾンキッチン

「伝統食品である仙台味噌や仙台白菜を活用した食育推進に取り組み、 地域貢献活動を展開した功績」

平成24年 全国高等学校体育大会(インターハイ)男子個人 跳馬第1位 佐藤光
平成25年

第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ)

男子バスケットボール部2度目の全国優勝

平成26年 第45回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ) 男子バスケットボール部2年連続3度目の全国優勝
平成27年

全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 男子バスケットボール部全国初優勝

第46回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウィンターカップ) 男子バスケットボール部3年連続4度目の全国優勝

 

img_01

 

ページトップへ移動します