学校法人 朴沢学園 明成高等学校

TEL 022-278-6131

理事長・校長挨拶

仙台大学附属明成高校としての新しい船出

理事長 朴澤 泰治

学校法人朴沢学園 理事長 朴澤 泰治

「人間は、自然界とともに生きている」ことを改めて感じさせる新型コロナウィルス。 パンデミックと呼ばれる、一歩間違えば「ホモ・サピエンス」が地球から消滅してしまう出来事。世界は、今、この出来事の克服に向けて、全人類の知恵を結集しております。 そして、このことは、皆さん一人一人の勉学にも、関わっております。 すなわち、豊かで安心できる人間生活を取り戻し、さらに進化した社会を構築するために、お互いに、必要とされる役割をしっかり果たすべく、着実に勉学に励み、かつ成長しなければならない、その時に、皆さんは、高校生活を送る、ということを意味しております。 皆さんの勉学を手助けすべく、国も、義務教育、高校教育、大学教育のそれぞれについて、より良い教育の実施に向けた改革を進めております。そして、高校と大学との間の連携など、学校間の接続についても改革を行うこととしております。 明成高校は、この改革の流れに真っ先に取組むこととしており、そのため、明成高校の  仙台大学附属高校化を図ることにしました。例えば、仙台大学では、学校体育の先生の養成を行っておりますが、大学4年間に加え、明成高校の3年間も先生養成の準備期間として捉えて、7年間の勉強を通じて、体育の先生としての役割をしっかり担える人材を養成することにしました。 これが附属高校化の意味です。 体育教員に限らず、福祉・養護や調理・栄養分野の教員、あるいは、スポーツの指導者、調理や介護分野のリーダー、これらの育成も同じ考え方で取り組みます。これらは、いずれも、自然界と共生ができる「人間社会の創造」に必要な人材の育成を意味しております。 明成高校は、皆さんの一人ひとりの、その目的の実現のため、遠い将来も見通しながら、「実学と創意工夫」という建学の精神をフル回転させて、 教育に取り組みます。宮城県内の公・私立高校のなかで最も長い歴史を有する 明成高校に、ぜひ入学をされ、自然界の猛威の克服と夢の実現に向けて、 大いにチャレンジしてください。

 

志を育て 実学で未来を創る!
 

理事長 朴澤 泰治

校長 中村 勝彦

 この4月から、本校は校名を新たに「仙台大学附属明成高等学校」として、「志を育て 実学で未来を創る」をスローガンに、令和に始まる学校改革を進めていきます。その柱となる学科編成は、専門学科としてスポーツ・福祉・食文化を学ぶ3つの創志科、そして2年次から情報系・教育系・社会系の類型に分かれ、社会をフィールドとして実践的な学びを展開する「普通科」の新たな4学科となります。  今、新型コロナウィルスの感染拡大によって世界は一斉に未曾有の危機にさらされています。今後も、人間がこうした未知の事態に直面することは明らかです。そうした未来社会を逞しく生き抜いていくために、実学を通して創意工夫に努め、自分の得意なことを伸ばし確かな技術と豊かな人間性という武器を身につけ、それを実社会で活かす事のできる人材を育てることが本校の使命と考えます。さらに、「国際化」・「地域協働」・「情報化」を軸として新たに実社会接続型教育を取り入れ、仙台大学との高大接続教育と合わせて他校にない魅力ある学校づくりを生徒の皆さんと一緒に築いていきます。  年明けには生徒の多様なアクティビティをサポートする空間を重視した新校舎が完成し、さらには機能性とデザイン性に優れた新制服を制定する予定です。私達と一緒に夢を叶えるために楽しく学ぶ“仙台大明成”を創り上げていきましょう!
 

ページトップへ移動します