学校法人 朴沢学園 明成高等学校

TEL 022-278-6131

【生徒・保護者の皆様へ】新型コロナウィルス感染拡大防止について(4/1連絡)

新型コロナウイルス感染症等拡大に伴う対応について(お願い)

令和2年2月20日
保護者の皆様
明成高等学校
校長 中村勝彦
 
新型コロナウイルス感染症等拡大に伴う対応について(お願い)
 
 向春の候、保護者の皆様には益々ご清祥のこととお喜びいたします。また、平素より本校の教育活動に対しまして温かいご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、昨年の12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が報告され、中国を中心に世界各国からも発生が報告されています。2月からは新型コロナウイルス感染症は「指定感染症」に指定されました。
 つきましては、現時点では国内で広く流行が認められている状況ではありませんが、ご家庭でも下記の通り季節性インフルエンザと同様に感染症対策に努めていただきますようお願いいたします。

(1)高熱や咳等が長く続く場合など、感染症の疑いがある場合には、病院で診察を受けてください。また、季節性インフルエンザと診断された場合は学校にご連絡ください。
(2)一般的な衛生対策として、咳エチケット(マスクの着用など)や手洗いの励行をお願いいたします。また、十分な栄養と休養、人込みを避けるなど感染予防に努めてください。
(3)体調不良の場合には、早めに休むようにしてください。発熱がなくても、咳やくしゃみなどの症状がある場合には無理な登校はしないでください。
 
なお、学校においては下記のような対応策を実施しています。

(1)11月から各クラスに、手指消毒用アルコールやマスクを配付しています。また、各玄関、トイレ、職員室等にも手指消毒用アルコールを設置しています。
(2)「Health Information」によりインフルエンザ及び感染性胃腸炎等の注意喚起をしてきました。2月号は新型コロナウイルスについても掲載します。
(3)厚生労働省ホームページ掲載の「感染症対策へのご協力をお願いします」を各クラス、トイレなどに掲示しています。裏面をご覧ください。
(4)帰りの清掃時間に教室のドア取っ手部分及びスイッチの消毒をすることにしました。トイレは以前より毎日消毒しています。

先日、上記の文書及び厚生労働省掲載の「感染症対策へのご協力をお願いします」(画像)を配布しましたが、国内でも感染者が増え始めたところです。
もし次の図のような症状が出た時は、該当の相談センターに連絡いただくとともに本校への連絡もお願いします。
 

◎ 宮城県の相談窓口(宮城県保健福祉部疾病・感染症対策室)
 電話 022-211-3883  受付 午前9時~午後9時  
※ 緊急時は各市町村管轄の保健所に相談してください。
  インターネットで宮城県の保健所一覧を検索すると掲載されています。
ページトップへ移動します