学校法人 朴沢学園 明成高等学校

TEL 022-278-6131

理事長・校長挨拶

仙台大学附属明成高校としての新しい船出

理事長 朴澤 泰治

学校法人朴沢学園 理事長 朴澤 泰治

 「人間は、自然界とともに生きている」ことを改めて感じさせる新型コロナウィルス。パンデミックと呼ばれる、一歩間違えば「ホモ・サピエンス」が地球から消滅してしまう出来事。世界は、今、この出来事の克服に向けて、全人類の知恵を結集しております。
 そして、このことは、皆さん一人一人の勉学にも、関わっております。
すなわち、豊かで安心できる人間生活を取り戻し、さらに進化した社会を構築するために、お互いに、必要とされる役割をしっかり果たすべく、着実に勉学に励み、かつ成長しなければならない、その時に、皆さんは、高校生活を送る、ということを意味しております。
 皆さんの勉学を手助けすべく、国も、義務教育、高校教育、大学教育のそれぞれについて、より良い教育の実施に向けた改革を進めております。そして、高校と大学との間の連携など、学校間の接続についても改革を行うこととしております。
 明成高校は、この改革の流れに真っ先に取組むこととしており、そのため、明成高校の 仙台大学附属高校化を図ることにしました。例えば、仙台大学では、学校体育の先生の養成を行っておりますが、大学4年間に加え、明成高校の3年間も先生養成の準備期間として捉えて、7年間の勉強を通じて、体育の先生としての役割をしっかり担える人材を養成することにしました。
 これが附属高校化の意味です。体育教員に限らず、福祉・養護や調理・栄養分野の教員、あるいは、スポーツの指導者、調理や介護分野のリーダー、これらの育成も同じ考え方で取り組みます。これらは、いずれも、自然界と共生ができる「人間社会の創造」に必要な人材の育成を意味しております。
 明成高校は、皆さんの一人ひとりの、その目的の実現のため、遠い将来も見通しながら、「実学と創意工夫」という建学の精神をフル回転させて、教育に取り組みます。宮城県内の公・私立高校のなかで最も長い歴史を有する明成高校に、ぜひ入学をされ、自然界の猛威の克服と夢の実現に向けて、大いにチャレンジしてください。

 

 

「志を育て 実学で未来を創る!」

理事長 朴澤 泰治

仙台大学附属明成高等学校 校長 岡 邦広

 本校は,宮城県内で最も歴史のある学校です。
​創立140周年を機に校名を「仙台大学附属明成高等学校」とし,二年目を迎えます。附属高校として,大学と接続する7年一貫の人材育成を進めています。仙台大学の施設設備や教員養成機能をはじめ教育資源を有効に活用し,より広く,より深く,学びたいことを本格的に学べる専門性の高い教育を実践していきます。
 本校では,これからの時代を見据え「志を育て 実学で未来を創る」をスローガンに時代の要請に応える学校を目指しています。
 今年完成した最新のICT環境が整った光あふれる新校舎とそこで生活するスタイリッシュな新制服が皆さんを待っています。
 そして,高い専門性を目指す3つの創志科では,スポーツと健康分野での指導者の育成,高齢化社会に対応する福祉のプロの育成,食と栄養のプロの育成を担います。それに教育系,情報系,社会系の類型からなる実践的な学びを展開し,未来をデザインする普通科の4つの新しい学科で新しい教育のスタイルを作り出します。
 「実学と創意工夫」の建学の精神のもと直接的な経験を重視し,自分の未来や社会をより望ましい姿に変えていこうとする態度や方法を身につけてほしいと思います。今日よりも明日へ繋ぐ「進化と深化」を「実学教育」で支えます。私たちと一緒に「仙台大明成」で夢に向かう高校生活を送りましょう。

 

ページトップへ移動します